お弁当は前日に作り置き!卵焼きやご飯はどうする?

ジメジメした梅雨に入りましたね。

雨の日は、憂鬱で気分ものりませんね。

そんな、季節に気をつけなくてならないのが
お子様のお弁当です。

これから、真夏にかけて食品が
傷みやすくなります。

今日は、お弁当の前日の作り置きについての
悩みを解決していきましょう!

スポンサードリンク

お弁当は前日作り置き

基本的には、この時期のお弁当の前日の
作り置きはオスススメしません。

ですが、忙しいとお弁当作りが、面倒になります。

前日、作り置きすれば楽ですよね?

しかし、入れ方を間違えると
腐るの原因にもなりますので
気をつけましょう!

おすすめのオカズ

・揚げ物 鶏のから揚げ、とんかつ、チキンカツ

 よく火を通して揚げて、冷ましてから冷蔵庫で保存

・ウインナー・ハム

 こちらも、火を通して冷まそう

※タコちゃんウインナーにすると喜ばれます。

・焼肉(豚か牛)

 肉も良く焼いて、味噌だれで味をつける

冷凍食品

凍ったまま弁当箱に入れ、お昼頃には、ちょうど溶けている
便利な冷凍食品もあります。

味は、ともあれ。保冷材代わりにも使えますね。

傷みやすいオカズ

・魚の煮つけ

・ポテトサラダ

・まぜご飯、炊き込みご飯、炒飯

・生野菜 レタスやキャベツ

・ちくわ、かまぼこ 

・卵 (完全に火を通せばOK)

味のつけのポイント

梅干、しょうが、わさびなどの殺菌作用のある食材を使おう

※マヨネーズなど卵を原料とした物は、
 傷みやすいので使いません。

料理のポイント

手は良く洗い、弁当箱に詰めるときは
直接触れないようにする。

お弁当箱は、熱湯消毒してから、使用する

※弁当箱に詰め、オカズが冷めてから、冷蔵庫で保存します。

翌朝、弁当箱ごとレンジで加熱して、持っていきましょう!

スポンサードリンク

お弁当の前日の作り置き 卵焼きは?

お弁当には、かかせない卵焼きですが
良く加熱すれば作り置きは、可能です。

ポイント

できれば、潰した梅干しを混ぜて卵を焼きます。

※梅干を混ぜることで、傷みにくくなります。

砂糖の代わりに、はちみつ梅も、おすすめです。

お弁当の前日の作り置き ご飯は?

ご飯は、傷みやすいので、当日に炊くことをオススメします。

※酢を少量入れて炊けば、傷みにくくなります。

朝、間に合わなかったら夜のうちに、米を研いでおいて、朝起きたらスイッチいれたら
間に合うのではないでしょうか?

また、前日に炊いたら冷蔵庫に保存し翌朝、
弁当箱に詰めてからレンジでチンしましょう

ちなみに、チャーハンなどの炒めたご飯は、
傷みやすいので、お弁当にはNGです。

まとめ

梅雨時のお弁当の作りの置きは、おススメしません。

作るなら、十分に火が通ったオカズで

ご飯も、当日に炊く

食中毒防止にも細心の注意をしましょう

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする