うなぎ 旬の時期は?国産の見分け方と中国産との決定的な違い

夏と言えば、うなぎのかば焼きを
食べますよね?

土用の丑の日には、うなぎ屋さんも
大繁盛していますね。

そんな、うなぎの本当の旬と国産と
中国産の違いを紹介しますね。

スポンサードリンク

うなぎ旬の時期は?

土用の丑の日が近づくと、うなぎを食べようと
宣伝が始まります。

しかし、うなぎが本当に美味しい旬の時期は、
夏では、ありませんでした。

むしろ、逆に夏にうなぎは、売れませんでした。

江戸時代に、夏に売れなかった、うなぎを売るために
当時の学者が、土用の丑の日を作ったという説があります。

私は、いつ食べても美味しいと思いますが…

うなぎの旬は、10月~12月が旬です。

うなぎは寒い冬を越すために、
たっぷりと脂肪を蓄えます。

その結果、身が柔らかく、脂ののった
美味しい、うなぎになります。

脂がのり過ぎて嫌なんて方も中にはいますので

食べるなら秋とは、一丸には言えませんけど…

スポンサードリンク

うなぎの国産の見分け方

現代では、外国産を国産と偽って
販売するような店はないと思います。

しかし、知識として身に着けておいても
損はないと思います。

ポイント

➀皮の厚さが違う

国産は、皮が薄い

中国産 皮が国産より厚い

➁ 肉厚

中国産の方が、むだ大きく、肉厚である

国産、小ぶりで身が締まっている感じ。

※意図的に、大きくなるように育てているそうです。

大きいければ美味しい物でもありませんが

➂値段

国産 高い 1000円以上

中国産 安い 国産の半分の値段

うなぎ国産と中国産との決定的な違い

しかし、なぜ同じうなぎでも
こうも違うのでしょうか?

それは、育てかたによります。

今現在、スーパーなど出回っているのは
ほとんど養殖のうなぎです。

その養殖の方法が根本的に違います。

国産うなぎ

うなぎは寒さに弱いので、暖かいビニールハウスの中で、
きちんと水質管理をして育てます。

中国産のうなぎ

水質管理もされていない、ため池のようなところで
大漁に飼育されている。

これにより、食べると泥臭かったりする。

そのため、日本とくらべて設備も人件費も
かからないので値段も安い。

※しかし、国産の天然うなぎでも泥臭い場合も
 ありますね。

まぁ、泥臭さを無くすのも職人さんの腕ですが…

まとめ

うなぎの旬は、夏ではなく冬だった

国産と中国産の違いは、大きさにある

肉厚で大きいのに激安だった中国産だと
思いましょう!

どちらを好むかは、あなた次第ですね、

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする